就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

誰でもできる楽なバイトと思いきや、意外としんどかったコンビニバイト体験談(30代男性)


今まで経験したバイトの中で楽そうに思えて意外ときついなと感じたのはコンビニ店員バイトでした。いわゆるコンビニバイトというやつです。

そもそも私がなぜコンビニバイトをやろうかと思ったかというと「コンビニバイト=楽な仕事」だというイメージがあったからです。

なぜそう思ったのかというと、コンビニバイトは大学生だけでなく高校生でもやっている学生定番バイトだからです。

つまり誰にでもできる簡単な仕事というようなイメージを持っていたのです。

スポンサーリンク




私がコンビニバイトに応募したのは大学2年生のときでした。同じコンビニには高校生バイトも働いていましたから、「大学2年生の俺ならすぐにリーダーになれるわい!」と余裕をかましていました。

そして、「俺は接客に向いてる気がする。数日でカリスマ店員になってみせるぜ」みたいに根拠もなく高飛車になっていました。

ところが、コンビニバイトをいざやってみると、その煩雑なこと!

コンビニバイトはレジだけやっていればいいわけではなく、おでんや揚げ物の調理、品出し、清掃、たばこ販売、宅急便、業者さん対応、雑誌陳列・・ととにかくやるべき作業がいろいろあったのです。

特にタバコ販売に関しては番号ではなく銘柄を言ってくるお客さんも結構多く、銘柄と番号の両方を記憶しておく必要がありました。

また、お客さんが多いときでも同時並行してやるべき作業を進めていく必要があり、すぐにてんてこ舞いになりました。

お客さんにとってそのコンビニ店員が新人だろうがベテランだろうが同じ店員としてみます。

ですから、オドオドとして固まっている私を名指しして、

「おい店員!そのタバコ違うぞ!さっさとしろよ!」

「釣り間違えてるぞ。しっかりしろよ!」

みたいに容赦なく怒鳴ってくるのです。お客さんがイライラする理由も理解できますが、さすがに面と向かって怒鳴られるのは精神的にかなりきつかったですね。

スポンサーリンク




もちろん最初のうちはベテランのアルバイトないしは店長がついてくれるわけで横でいろいろ教えてくれるわけです。しかし、レジにお客さんの行列ができるような忙しい時間は新人バイトごときに構っていられません。

「おい!早くしろよ!こっちだ、こっち!」

「それじゃない。何度言ったら分かるんだ!邪魔邪魔どいて!」

なんて先輩(年下のバイト)にため口で怒鳴られる始末・・出鼻をくじかれたといいますか、コンビニバイトの難しさに圧倒され、呆然と立ち尽くしてしまいました。

そして「あ・間違えました・・す、すいません・・」と首を垂れて謝る始末。

本当に情けなかったですね・・。そんな感じで、「コンビニバイト=楽な仕事」と私はなめてかかっただけに、その落差をより大きく感じたような気がします。
カリスマ店員になるなんてもってのほかでした。

また、年下に叱られるというのも屈辱的でしたね。最初は逆切れしてそのままバイトを辞めようかと何度も思いました。しかし、当時大学生だった私としてはお金が欲しかったですし何とかその気持ちをおさえました。

いざバイトに入ると、自分一人ではとてもお客さんたちに対応できなく、年下とはいえ、新人の身としてはただ頼るしかありませんでした。
ただ、1か月くらいシフトに入っていると、ようやく慣れてきて、年下バイトにも叱られなくなりました。

あとは仕事を重ねていくうちに、どんどん楽になっていきましたね。なんせコンビニバイトは同じことに繰り返しですし、次第に要領が分かってくるからです。

同じシフトに入る相方バイトともアウンの呼吸が生まれますというか、お互いにうまく仕事を分担し合えるようになりました。これをやったら次これという具合に、身体が自然と動くんですね。

結局私は大学を卒業する間際までコンビニバイトをつづけました。そういう意味で、コンビニバイトは自分の性分にあっていたといえるのかもしれません。
ただ、コンビニバイトをやってみて思ったことは、「慣れるまでは決して楽な仕事ではない」ということです。

ですから、今からコンビニバイトを私のような動機でやろうと思っている人は、覚えることが多くて結構大変ということを念頭に置いておいたほうがいいと思います。

   (楽だと思いきや意外としんどかったバイト体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク