就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

楽なバイト?きつくて初日で辞退した家庭教師バイトの話(30代男性)

楽なバイトとしてよく話題に上がるのは家庭教師バイトです。

私も家庭教師バイトをやったことがあるのですが、楽なバイトだとは感じませんでした。

今から7年くらい前の話になりますが、当時大学1回生だった私は
家庭教師バイトを始めることにしました。

スポンサーリンク




まずは家庭教師を派遣する会社に登録。それから数日後、電話がありました。

「先生、先日はご登録ありがとうございます。条件に合う生徒さんが見つかりましたのでご連絡差し上げました!」

話を聴くと、見つかった生徒さんというのは、中学3年男子で現時点ではあまり勉強はできないが、負けず嫌いでガッツがあるとのこと。

最寄り駅は3駅行ったところにある団地。受験を控えているので、可能なら週2回でも3回でも教えに来てほしいとのこと。

家庭教師は時給1500円以上ですし、椅子に座って勉強を教えればいいだけというふうに聞いていました。

「先生なら大丈夫ですよ。ぜひお願いします」

と頼まれ、私自身も断る理由もなく快諾しました。

電話をし終わってから私はガッツポーズしました。「家庭教師のように楽なバイトをできる特権を得るために、大学受験をがんばってきたんだ!よっしゃやったるか!」

私は当時、中学校の教師になるという目標を立てていました。しかも、普通の講師ではなくダメな生徒をも更生させるようなカリスマ的な教師になろうと思っていました。

ですから、ある意味、大きいチャンスが訪れたというわけです。

もしその受験生を志望校よりランクが上の高校に合格させたら、大きな実績になるとも思いました

「これはおいしい案件だな!」と思いました。

また家庭教師バイトをやってる友人に聞いた話によれば、教えている生徒さん宅では、お寿司やケーキも出てくるとのこと。

それはご家庭によりけりなわけですが、週何度も教えに行ったら何か出してくれるに違いないと思いました。

いずれにしてもおいしいバイト先にありついたぞ!と改めて思いました

そして指導1日目を迎えました。私は家庭教師センターから送信されてきたFAXを見ながら、私はその中学3年生が住む団地へ向かったのでした。

スポンサーリンク




チャイムを鳴らすと、茶髪の40代くらいの女性が出てきました。「先生、待っとったよ。どうぞ」と家の中に案内されました。

家のなかはタバコの煙が充満していました。

なんかやばいかも?と思ったら、奥から生徒さんが出てきました。

変形ズボンを履いて髪は金髪、そり込みをしています。やば!と思いました。

「誰?」

「あ、今日から教えることになった家庭教師の○○といいます。今日から君の勉強を・・」

すると、中学生は怒鳴り始めました。

「家庭教師?はあ?ババアいらんことしやがって!しばくぞ!」

そして激しい親子喧嘩が始まったのでした。

「誰が家庭教師なんて雇えいうたんや!」

「お前、受験生やろが。成績もクラスでびりで母さん恥ずかしいわ」

「どうでもええやんけ!高校行かんいうとるやろ!」

「高校いかんとどうするんやボケが!」

「どうでもええやんけ!お前が決めるなや!」

物を投げ合い、壁葉陥没していました。

カリスマ中学教師を目指す私としては「何かせねば」と思い、割って入りました。

「ちょっと君、君!とりあえず、落ち着こうか。今日は話を聴くだけやし」

すると、その中学生は私にも切れかかってきました。

「なんじゃこら!くそおっさんが!誰が教えてほしい言いたんや!お前もしばかれたいんか!?帰れ!」

私はそのあまりの迫力に恐怖感を感じ足ががくがくしました。

そして言い返すこともできず、立ち尽くしてしまいました

そんなこんなで・・とてもじゃないですが勉強を教えられるような雰囲気ではありませんでした。というより私には手に負えないと思いました。

家庭教師センターに電話をしたところ「何とかお願いしたいのですが・・。何とかなりませんかね?」と言われました。

私としては何とかしたかったのですが・・「すいません・私には無理です」と答えるしかありませんでした。

結局、その生徒さんの担当を外してもらう形で収まりました。

しかし、それにしても家庭教師バイトって楽な仕事じゃないなと思いました

私は辞退したものの、その代わりにあの生徒さん宅に派遣される家庭教師もいるわけでしょうし・・

生徒さんがおとなしくて従順ならまだしも、反抗期であるなど難しい生徒さんを教えることになれば、かなりきつい仕事になるのではないかと実感しました。

家庭教師バイトの場合、自分にどうしても合わない生徒さん宅は断ることができるのでまだいいと思います。しかし、考えてみれば、公立中学の先生などは生徒さんを選べないわけです。

自分に何の非がなくても反抗してくる生徒さんにも根気強く向き合わなければいけないわけで・・

カリスマ中学教師・・私には到底無理だな・・と思った1日でした。

(楽そうできつかったバイト体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク