給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

私が体験した3つの楽な仕事(20代女性)


私事ではありますが個人的に楽だと思った仕事を紹介いたします。

まず一つ目の楽な仕事は、某会社の事務員です。

事務員は忙しい時間帯はありますがそのピークを過ぎてしまえばラクでした。ゆったりと作業を進められますし、長めに休憩を取っても誰も文句を言われなかったからです。きっと上司の方がお優しい、という点もあったのかと思いますが…!

仕事内容もそんなに難しいことはありませんでした。

送られてきたサンプルのデータを入力してまた別の部署に送る・・という単純作業ばかり。
余程のことがない限りミスをすることもなく、定時で上がれるというのが魅力的でした。

このご時世、残業するのが当たり前、のようになっているところもありますが、私が働いていたその会社では会社の方針でノー残業デーというのがありました。

時間に縛られることもなくゆったりと仕事ができていたのでそれも含めて楽な仕事だと感じました。

スポンサーリンク


他には精神的に楽だった仕事もあります。それは某工場のスタッフです。夜勤の仕事で、作業内容はコンベアから流れてくる商品に傷や汚れがないかどうか目視検査する、という仕事です。

作業自体も見て分かる通り単純なもので、部屋に1人で入りひたすら見ている、という感じでした。

周りにスタッフさんもいましたが離れているのでお話するということもなく
黙々と作業してましたね。ですから人間関係もとてもラクでした。

ある意味眠気との勝負ではあったのですが、機械が忙しなく動いていることもあり多少の声を出してもバレない感じだったので、軽く歌を歌いながら作業したものです(笑)

軽く体を動かしたりしても大丈夫なのでこっそりのびをしたりもしていました。

人とのコミュニケーションをとるのが苦手だったのでそういう意味でも楽な仕事だと感じました。

その作業がすぐに終わってしまった時は、これまた長めに休憩をとってもバレませんでした。
自分のペースで適当にできる仕事だったのです。ついついサボり癖がついてしまったのでそこは反省です…!

スポンサーリンク


他には1日のみではありましたがイベントスタッフも楽な仕事だと思いました。来場したお客様にパンフレットを配ったりする仕事でしたが、簡単でラクだと感じました。

また、当方アニメが好きなのでそれに関するイベントに参加できたというのもあり、
良い経験をさせていただいたとも感じています。

世の中には沢山の仕事があり大変なものが殆どだと思います。ですがそれに妥協せずに色々と探してみると意外と楽な仕事というのはあるものですよ。

その中で本当に自分に合った仕事を見つけることが出来たら素敵ですよね。

私の思う楽な仕事は以上のような感じです、中でも工場は楽な仕事の代表事例だと思いました、まぁ当たり外れはあると思いますが(汗)

これにて終わりです、失礼いたします。

  (楽な仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク