インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

高校生のときやってた寿司デリバリーバイトの話(楽なバイトの体 験談 30代男性)

高校生のときやってた寿司デリバリーバイトの話(楽なバイトの体  験談 30代男性)
私が楽なバイトだと感じたのは「寿司のデリバリー」バイトです。こちらは私が高校生のときにアルバイトしてました。

バイクの免許も取得していたということもありのそれを活かし高校生にしては時給も高いバイトをはじめました。

スポンサーリンク



高校の同級生たちは「寿司デリバリーバイトって明らかに大変じゃね?」と心配していました。しかし、実際にやってみたところこの寿司のデリバリーバイト、とても働きやすく楽なバイトだと感じました。

確かに、冬の時期の配達はくて辛いと感じることもありました。ただ、一人で外に出て配達してっていうのが少し自由で息抜き感覚で楽だと感じていました。

早く届けるのは当たり前ですが自分のペースで安全に配達さえすればいいわけです。特別難しいこともありません。

デリバリーの醍醐味としては届け先のお客さんにおつりもらえるとかジュースもらえるとか違った意味でいい思いも出来たこと。飲み屋に配達した時は一緒に食べさせてもらったりもしました。

玄関先にとても可愛い同じ高校生くらいの子が出てきたので一目惚れして思わず声をかけて後日デートしてお付き合いしたこともありました。

スポンサーリンク



人によっては決して楽な仕事とは違うかもしれませんが、仕事は配達するだけですし、覚えることも少なかったです。仕事のラクさもありつつその他のうまみが半端ない印象でした。少なくとも高校生当時はめちゃくちゃいい仕事だなって思ってましたね。

学校帰りにお寿司も食べれるしバイクで走って楽しめてかつお金もらえていい思い出来る仕事はなかなかないなって思っていました。

  (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク