リラクゼーションマッサージ店(正社員)から整骨院(アルバイト)への転職は私にとって正解であったという話(20代女性)

セラピストとしてお客様にリラクゼーションマッサージを行うお店でセラピストとして1年働いていました。

最初は研修がありその際には本部の方がとても親切に教えて下さりました。そのときは、良い環境のお店に就職したなと
思いましたが、研修が終わり店舗に配属されてから数ヶ月後、状況は暗転しました。

その店舗の職員のひとりから「ハグしよう」と言ってきたりマッサージの練習中に触らなくてもいい所を触られたりなどのセクハラを受けたのです。
また、無理な残業を押し付けられたりと、働くには精神的にも肉体的にも悪い環境だと思い転職を決意しました。

スポンサーリンク



転職するにあたり、今までと同じような業界で仕事を続けていたいという思いがあったので転職先は整骨院にしました。

ある整骨院に転職が決まりました。最初のうちはアルバイトとして受付事務で電話、予約、お会計、レセプト管理、商品販売・・とひととおりの業務を覚えていきました。

その時期に私は、柔道整復師の学生として働きながら学校にも通っていたため、周りの柔道整復師の先生方から勉強を教えてもらったり、施術を実際に受けさせていただいたりもしました。

その整骨院では皆さんからとても親切にしていただき、私自身も施術に関わる業務を任せてもらえるようになり自身のステップアップにも繋がりました!

また定休日の前の日の営業終わりにはオーナーさんとの食事会などのレクリエーションもあり、バイトだからなどと言われることもなく働きやすい環境だと
感じました

そればかりか、アルバイトも経営に携わる大切な従業員の一員という考えのもと、整骨院の為になるのならばとどんどん意見を言える場なども作っていただいたり
もしました。そんな面でも、やりがいがあって働きやすい職場環境だと思いました。

スポンサーリンク



たまに残業もありましたがきちんと残業した分もお給料に反映されたので苦に感じることもありませんでした。
前職と同じで体に触る職業でしたが、セクハラなども一切なく、常に笑顔で仕事を行う事が出来て
とても楽しい職場でした。

受付のパートさんも居て、みなさん本当のお姉さん、お母さんの様に接してくださって
仕事場以外でも遊んだりと、和気あいあいと仕事がしたい私にとってはとても良いところでした。

私だけでなく私の家族にも親切にしていただいてとても感謝しています。

「従業員はもちろんのこと、整骨院にかかわる全ての人のことを考える」という院長先生やオーナーさんの考え方にもとても共感できました。

結婚を機に辞めることになったのですが、辞める際も「いつでも戻ってきて」という言葉をかけていただいたり、送別会を開いていただいたりしました。

本当に親切にしてくださり、この職場の方に出会えて転職して正解だったと思います。

転職したことで肩書としては正社員からアルバイトになってしまったわけですが、お給料もそんなに変わりませんでしたし何より職場環境がとても
良化したので思い切って転職して良かったと思います。

   (転職の成功体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク