安心できる40代の転職には事前の会社調べを(40代男性)

私は40代前半の男性です。私が前職を退職した理由は、ブラック企業だったからです。

ここではその企業について細かいことは敢えて書きませんが、上司のパワハラ、残業未払い、休暇がとれないなど、とにかくひどいものでした。

そして離職率はかなり高いものでした。

それでも家族を養うために数年勤めましたが、心身ともに限界を感じ、40代になり転職を決意しました。

スポンサーリンク



40代になるとどうしても転職は難しくなります。採用する側は、伸びしろがある20代や30代の人を優先するわけですから。

40代ともなれば、新卒で入れば管理職の人も少なくない年齢なので、どうしてもスキルや経験がなければ転職は難しいといえます

また私自身も、子供の教育費がかかる40代にもなって何度も転職をできないというプレッシャーがありました。

ですから絶対に転職は失敗したくない(ブラック企業は絶対避けたい!)。

そんな思いから、転職活動では、事前の情報収集を徹底的に行いました。

会社の規模や有名かどうかという点ではなく、心穏やかに働ける職場か否かという観点で

そのなかで外せないのは、応募する企業のホームページです。企業のホームページはいわばその企業の看板であるからです。

ホームページをホームページ制作会社に委託している企業も多いですから、良い面ばかりを表に出していることは否めないと思います。

ですからあくまでも参考程度ではありますが、例えば社長がしっかりとしたメッセージを発していたり、新しいことに積極的に取り組んでいる会社は魅力的だと思いました。

やましいことをしているような会社なら、無機質であまり更新されていないホームページになりがちです。しかし、魅力的な会社のホームページは見栄えもよく、頻繁に更新されていて活気を感じると気づきました。

スポンサーリンク



あとは表面に出てこない情報を調べる事も重視しました。そこでは、2ちゃんねる〈現在は5ちゃんねる?)を活用しました。

「会社名 2ちゃんねる」「会社名 5ちゃんねる」みたいな検索ワードでぐぐってみるのです。

もしそこで、悪評判が次々と出てきたり、被害者の会などあったら要注意です!

もちろん2ちゃんねる〈現在は5ちゃんねる?)は根拠もない誹謗中傷も少なくなく信憑性に欠けるという点は否めないと思います。

しかし、火のないところに煙は立たないといいますか・・悪評判がたくさんあるところは、少なくとも何かあると思っておいたほうがいいというのが私の考えです。

企業のスレッドに2ちゃんねるに書き込みをしているのは、おそらく退職したあるいは現役で働いてる人でしょう。「パワハラの○○部長が」みたいに具体的な固有名詞を書き込んでいるなどなら、それはかなり信憑性が高い情報ですね。

ちなみに、私が働いていた前職についても2ちゃんねるで調べてみたところ、悪評判が出るは出るは・・(笑)書き込みのなかには、私の同僚も固有名詞で書き込まれていました。

「ああ、○○だろ。ぶっきらぼうで使えない奴だよな」みたいに書かれていて、あまりに実態を捉えすぎていてさすがに笑ってしまいました。

ああ、結構信憑性があるんだなって思いましたね。

そんな感じで、私は事前に会社のことをいろいろ調べ。悪評判の立っていない会社に絞り込んで応募してきました。

転職活動の末、ある住宅関連企業に転職先が決まり、働き始めるようになりました。

幸い、人間関係もよし、休暇もとれて残業代も出るという良い職場環境のなかで働かせていただいています。

今になって思うことは40代の転職はもう何回も失敗できないわけですから、事前の会社調べを入念にしておいたほうがよいということです。

もちろん中に入ってみないと分からないことも多いですが、そうすることで安心して働ける確率も高まると思うのです。

  (転職の成功体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク