寿退職をする女性は結婚前、早めに転職活動をするのがベストと思う2つの理由(30代女性)

働く女性にとって、結婚が決まったとき「今やっている仕事をどうするか」を決める時期がやってきます。

正確には、結婚の先にある出産・子育てを視野に入れた今後のプランを決める必要性が出てくるということになります。

というのは、出産をしたら、どうしても子育てと仕事を両立しにくいケースも出てくるからです。

スポンサーリンク


20代のまだ若いときならまだ仕事を辞めやすいかもしれません。しかし、私のように30代になって寿転職をしたような女性の場合、いろいろ考えことも多くなります。

私の場合、30代の後半が決まったのですが、それなりのキャリアを積んでいて責任ある仕事を任されていました。

ただ、結婚して出産したら今の会社ではハードで身が持たないなと
感じ寿転職を決意しました。

そのとき私が考えたことは、「できるだけ早く行動しよう」ということでした

今になってみるとその判断は正解だったと思います。

幸い、転職先として、貿易会社(一般職)が決まりました。もともと英語を使った仕事をしたかったこともあって、寿転職を機にその道に進めて良かったと思います。また、一般職ということもあって、長時間労働がなく、定時で帰宅できるというのも家庭との両立にもってこいです。

給料は若干ダウンしましたが、全体として寿転職をしたことは本当によかったと感じています。

結婚を控えた30代後半の女性として転職活動を振り返ってみたとき、結婚前に早期に転職活動をしたことが功を奏したと感じています。

そう思う理由は2つあります。

スポンサーリンク


1つめは、結婚前の寿退職ということで、前職の職場では皆に祝福して貰えた点。それがもしもし結婚後の退職となると、同僚に何らかの負担をかけてしまい、嫌味を言ってくる人もいたかもしれません。

理由の2つ目は、結婚は決まっているものの「未婚者」として転職活動をできた点です。

やはり「未婚」か「既婚」というのは求職する女性にとって、大きく違いが出てくるというのが現実だと思います。

採用する側の立場に立ってみたらそれもうなずける話ですが、既婚者なら「家庭と仕事の両立はできるのか?」と不安を与えてしまうのです。

ですから、採用側は転職希望者が独身か既婚か気にするのです

そういうこともあって、女性が結婚後に転職活動するとなると、いざ転職をしようと思ってもなかなか採用されないという現実があるのではないでしょうか。

私の場合、未婚の状態で転職活動をしたので、応募する会社によっては面接で、結婚や出産について全く聞かれないところが多かったです。

厳密にいうと1社、遠回しにそれを聞かれたのですが、「今は新しい仕事をがんばりたいです」と回答しそれ以上のことは聞かれませんでした。

それがもし結婚後に転職活動をしていていたら「既婚者」ということで、家庭との両立についていろいろ聞かれてハンディになっていたに違いありません。

やはり、結婚が決まった女性が転職活動するなら結婚前、しかもできるだけ早い時期がベストだなと思いました。

また、どうしてできるだけ早い時期に転職活動をスタートするのがいいかというと、いろいろな意味で余裕が生まれるからです。

もし結婚直前に転職先が決まるということになれば、結婚式前後の忙しい時期に入社して仕事をいろいろ覚えて・・ということを余儀なくされてしまいます。

それではせっかくの結婚式も十分に楽しむこともできないでしょう。

また、もし転職後にすぐに子供が生まれることになれば、入社してすぐに産休という事態になってしまいます。それではなかなか転職先での信頼も構築できないことでしょう。

やはり、転職先での仕事に慣れてから、余裕をもって産休をもらうというのが流れが自然だと思うのです。

以上のように、私は女性の寿転職はできるだけ早い段階に行動するのがベストだと思います。転職先で仕事を覚えることや、出産して産休をとることまで視野に入れた余裕ある転職活動をすることをお勧めしたいと思います。

  (寿転職の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク