40代男性の私(技術者)が転職活動で意識した2つのポイント

私は現在40代後半の男性で、製造関連の技術者として大手企業で働いています。

一般的に40代の転職は難しいといわれています。しかし少なくとも私の場合、45歳代という若くない年齢で転職に成功しました。しかも中小企業から大手企業にです。

スポンサーリンク


転職活動をするなかで、20代の若い人材を会社側が採りたいという傾向があることは感じました。20代や30代と交じって40代の応募者が来ると、そこにいる時点でどうしても残念な空気感になるんですよね・・新卒で入った人なら、基本的に年齢で上下関係があるわけですから、年齢が高い応募者はどうしても違和感があるわけです。

面接官よりも年上の応募者ってどうなの・・・?という何とも表現しがたい違和感です。

つまり、40代の転職の場合、年齢というハンディを補うだけのよほどの魅力がないと厳しいなということだと思います。

しかし、面接官も人間でありますから、年齢によって機械的に採否を決めるということはしません。

20代や30代に交じって40代の転職希望者が来たとしても、「この人と働きたい」「この人なら会社に益をもたらしてくれそう」だと判断すれば、選ばれる可能性も高まるはずです。

スポンサーリンク



ですから履歴書,職歴書、面接でも「自分が培ってきたものをどのように転職先の会社で生かせるのか」を意識しました。それは40代になるまでに培ってきた「技術」「経験」は20代や30代にはない魅力だと自負していたからです。

あとは「数字」を意識的に使うようにしました。どうして数字を意識したのかというと、「経験」を効果的に伝えようと思ったからです。例えば「海外の視察が15回ありますがその中でプロジェクトリーダーを10回勤め20人に指導をしていました」みたいな感じに。

転職活動は一般的には2~3か月要すると言われます。しかし私の場合、3週間ほどで転職先が決まりました。その要因を今になって考えてみると、前職で技術を培ってことを効果的に伝えたからだと思います。

転職では前職でどんなことを身に着けたのかがとても重要になります。逆にいえば年齢というハンディがあったとしても、しっかりしたスキルと経験があれば逆転できるということです。

とりわけ、技術開発者、情報処理技術者、土木技術者といったような技術を持ち合わせている人材は、転職活動をするなかでも年齢というハンディを負いにくいと思います。技術や経験があればあとはそれを効果的に伝えるだけです。

   (転職の成功体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク