パートから契約社員への転職。感じた正社員と非正規の格差ほか(30代女性)

私は現在30代の独身女性です。現在はメーカーで契約社員として勤務しています。

前職は物流関係の会社でパート職員として10年近く勤務してきました。

スポンサーリンク



仕事の内容は、保険に関する書類発行や書類の封入作業です。あとはときどき、電話対応も行っていました。時給は850円で月~金まで10時~16時までの勤務でした。

結婚をしていない私がどうしてパート職員という非正規を選んだのかというと、新卒で正社員として入社して入った金融関係の会社では人間関係がうまくいかなかったからです。

新卒で入った会社では毎日上司にネチネチ言われる日々・・若気の至りといいますか、「もっと自由になりたい」という軽い気持ちで退職届を出しました。

それからというもの、正社員として会社勤めすることに抵抗感を感じ、近所の人の紹介で物流関係の会社にパートとして勤めるようになったわけです。

正社員として働いていた時期と比べてパートという身分は責任が軽くて気楽ではありました。

節約してのらりくらりとパートとして働く日々が10年過ぎました。しかし親会社の業績悪化が原因で、私が勤めていた物流関係の会社も大幅に事業が縮小。私も含めてパートは全員、次期の更新はなし(解雇)となってしまいました。

2018年から非正規に関する雇用ルールが変わるようですが、当時、パートなど非正規職員は有期契約ですから長年勤めていようが関係ありません。

「親会社の経営悪化で、来月から来てもらえなくなりました。長年お疲れ様でした。」との上司のひとことで私は職を失ってしまいました。送別会も何もなしです。

パートの職を失ってからしばらく派遣会社に登録して単発のバイトをやっていました。

しかし、単発の派遣の仕事だけでは生活をしていくことが到底できず、私は重い腰を上げて転職活動をすることになりました。

スポンサーリンク



最初は正社員希望でした。しかしその多くは書類選考の段階で門前払いでした。10年間も非正規でしか働いていませんし、特にスキルを身に着けたわけでもないので、当然と言えば当然の結果でした。

2か月ほどの転職活動の末、正社員としての採用を結局得ることができませんでした。

決まったのはあるメーカーの契約社員です。有期契約ではありますが、それでも仕事があるだけありがたいと感じました。

それからそのメーカーで勤務し始め現在に至るわけですが、正社員と非正規の格差を実感しています。

同じような仕事内容をしていても新卒で入社した正社員組は年収500万以上もらっているのに、非正規は200~300万くらいと雲泥の差です。

また、正社員の多くは結婚しているのですが非正規の人は結婚していない人が目立ちます。

それは非正規組が結婚に興味がないというのではなく、生活するのに精いっぱいであるという事情があるような気がしています。

・来月の生活費どうしよう・・
・来期は確実に更新してもらえるのかな・・?
・税金払えるかなあ・・
・もし更新してもらえなかったらどうしよう・・
・転職活動の準備をまたしておいたほうがいいのかな?
・私は将来、一体どうなるんだろう・・?

そんなことを毎日考えていて、いつも頭の中はお金のことばっかりです。それでは気持ちのゆとりもなく、結婚もなかなかできないのは仕方ないな・・と半ばあきらめている今日この頃です。

女性の場合、まだ結婚して専業主婦という選択肢がありますが男性で非正規の場合、なかなか、難しい環境に置かされるのではないかと想像します。

今になって思えば、新卒で入った会社でもう少し続けていればと良かったと思います。

日本企業の多くは、新卒で採用した正社員を優遇するからです。

一度レールから外れて非正規の年数が長くなると、よほどスキルや経験がなければ、正社員になかなかなれません またなれたとしてもその職場は劣悪であったり低賃金だったりといろんな問題があるような気がします。

ですから新卒で入社した会社を辞めるときは本当にそれでいいのかじっくり考えることをお勧めしたいと思います。

(正社員と非正規 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク