自分で行動するのが苦手な転職希望者は、転職エージェントの活用がおすすめ(40代女性)


私は結婚、出産を機に前職を辞めましたが、再び働きたいと思い立ち40代になってから転職をしました。

転職活動を通して思ったことに、転職活動は新卒の就職活動と違って、知られていない部分が意外と多いということ。そして自己流で転職活動を進めると、どうしてもうまくいかない部分がでてくるということです。

あまり知られていないというと、転職エージェントの存在はそのひとつではないかと思います。広告などで転職エージェントの存在は知っていても、転職エージェントとは一体どんなものなのか知らない方は意外と多いのではないでしょうか。

私もそのひとりでした。

スポンサーリンク



転職活動をスタートして1か月ほどは、私は転職情報サイトで自分に合いそうな求人を探して応募していました。ただ、なかなか採用に至らず、書類選考の段階で不採用になるケースも結構な確率でありました。

このままでは転職先が一生決まらないのではないか・・・?そんな不安を感じてネットサーフィンをしているときに、たまたま転職エージェントの存在を知り、いくつか登録(無料)してお世話になりました。

そして現職である外資系の企業に転職することに成功しました。

転職エージェントと転職情報サイトは同じようなものだと思われがちです。

求人情報を持っているという点では同じなのですが、明らかに違っているのは、転職エージェントの場合、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がひとりついていろいろ転職のお世話をしてくれることです。

転職エージェントにネットで登録したら電話がかかってきて、まずは担当者と面談をします。面談では、希望する職種や年収、勤務地、これまでのキャリアなどについてヒアリングがなされます。

そして、面談後は、条件に合う求人が見つかれば、紹介してくれるというわけです。

転職エージェントから紹介してもらえる仕事は、転職情報サイトには掲載されていないような非公開求人も結構あったりするのも特徴です。

それらは一般では公開されていないものなので、非常においしい仕事もあったりました。そういった非公開求人を紹介してもらえるだけでも、転職エージェントに登録しておくメリットがあるのではないかと思います。

また、履歴書・職歴書の書き方、面接のコツなどもアドバイスしてくれたりするのも転職エージェントを活用するメリット。

分からないことがあったら、メールや電話ですぐに教えてくれるので、ひとりでいろいろ調べて悩む必要もありません。

私の場合、転職エージェントを活用することで、ひとりで頭を抱える無駄な時間をカットできたことも大きなメリットだったと思います。

転職エージェントにはいろいろありますが、どの転職エージェントが合うかは人によって違うと思います。それぞれ強みのある分野が違っていたりするからです。

ちなみに私の場合、英語を使った仕事をしたいと思っていたこと、前職でも英語を使ったマネジメント経験もあったので、外資系企業に強みのあるJACリクルートメントという転職エージェントを主に活用していました。

JACリクルートメントが抱えている求人は、外資系企業ですとか日系企業の海外駐在員など、グローバル企業が多いんです。非常に年収が高い求人もごろごろしているので魅力的な転職エージェントだと思います。

スポンサーリンク



ちなみに、これだけ転職希望者を親身にお世話してくれる転職エージェントですから、費用が結構かかるのでは?と思われがちですが、私が知る限りどこも無料です。

それは、転職エージェントからしてもそれなりのメリットがあるからです。

というのは、登録者が転職が決まって一定期間勤務を継続したら、企業側から転職エージェント側に報酬が支払われる仕組みになっているのです。

企業からするとマッチした人材を紹介してもらえるメリットがあり、転職エージェントにとっても企業から報酬をもらえるメリットがあり、登録者からしても無料で転職のお世話をしてもらえるメリットがある。

まさに三方良しという仕組みになっているのです。

ですから、転職希望者からしたら転職エージェントに登録することはメリットしかないと私は思います。特に、自分で求人を調べたり、積極的に行動するのが苦手な人にとって、転職エージェントへの登録は本当におすすめです。

  (転職エージェントとは 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク