外資系企業への転職など転職エージェント活用がおすすめ(30代男性)

私は現在、某外資系企業で働いています。はっきり言って給料はかなり良いです

スポンサーリンク



大学を卒業後は医療関係の機器を扱う、地方の会社で働いていました。主に製品のルート営業をしていましたね。そこでは先輩やお客様からもよくしてもらい給料も悪くはありませんでした。

ただ、学生時代からグローバルに活躍できる人になりたいという夢がありました。
ですから英語の勉強をコツコツと社会人になってからもつづけていました。

頭では夢を追うよりも現実的な足場を固めたほうがいいと思っても、心の中では
グローバルな世界に挑戦したいという気持ちが高じていっていたんですね。

そこで、こっそり転職エージェントに登録して転職情報を探し始めました。

転職エージェントは非公開求人をたくさん持っていて、登録者が自分の希望する職種、勤務条件を伝えると該当する仕事を紹介してくれたりします。

スポンサーリンク



転職エージェントの登録は無料です。私は登録時は都内にある某転職エージェントに出向き、登録会に参加。そこではスタッフの方と面談をして、どのような会社に将来的に転職したいかを聞かれました。

登録会が終わってから数日後、転職エージェントの担当者から連絡があり、外資系の企業の求人が来たがどうか?と聞かれました。その待遇を聞き、びっくりしました。給料が非常に高かったからです。

ただ、先方が求めるTOEICのスコアほか何とかクリアしていたので、面接を受けることになりました。
面接では転職エージェントの方が同行してくれ心強かったです。

外資系企業は自分には無理だろうと思ってはいたのですが、なんとあっさりと採用され、それが
現在私が働いている会社です。

どうして短期間で外資系企業への転職が決まったのかというと、それは転職エージェントの方々のおかげだと思います。もしひとりで転職活動をしていたら、求人探しの時点で膨大な時間がかかってしまい、なかなか前に進めなかったと思うからです。

転職活動って、就職活動以上に孤独を感じる場面が多くなると思います。そこでは将来への不安ですとか、
自分の適性がわからないなどいろんな問題がでてくるもの。ですから決して孤立化することなく、外部の機関など頼れるところは頼るのが、早めに転職先を見つけるためのコツではないかなと私は思います。

 (転職の体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク