インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

転職エージェント「20代の転職相談所」を活用して大手企業に内定(20代男性)

転職エージェント「20代の転職相談所」を活用して大手企業に内定(20代男性)

私は現在20代の男性です。現在はある都内の大手企業で事務の仕事をしています。前職よりも勤務条件も給料も上がり、毎日充実した気持ちで仕事に励んでいます。

スポンサーリンク


とはいえ、約2年前は将来の不安でいっぱいでした。というのは、私は大学を卒業後に新卒で入った会社をわずか1年足らずで辞めてしまったのです。

その会社は外食チェーンだったのですが、いわゆるブラックで長時間勤務で、店に泊まって仕事をしていることも珍しくなかったほどです。ロクに休みもとれないので、これでは心身ともにやられてしまうと思い、転職を決意しました。

転職活動は最初は散々でした。正社員希望ですんなり転職先が決まると思いきや、なかなか採用になりませんでした。

転職情報サイトなどで求人を探していたのですが、やはり転職というのは今まで培ってきたスキルですとか経験というのがものをいうものです。

20代で会社を1年ももたず辞めた私のような人間が誇れるほどのスキルや経験を持ち合わせているはずもなく・・

このままでは一生フリーターかも・・と不安に駆られてきたとき、大学時代の友人から教えてもらった「20代の転職相談所」という転職エージェントを活用しました。

スポンサーリンク


最初はあまり期待していなかったのですが、「20代の転職相談所」はとても使いやすい転職エージェントでした。どのように使いやすいかというと、20代の転職希望者に合う求人(ほとんどが非公開求人)が集められているという点です。

また、そういった求人ですから、30代や40代の人々が持っているスキルや経験よりも、少々それらは欠けていても20代の「若さ」「伸びしろ」に期待している企業が多いという特徴も感じました。

「20代の転職相談所」のホームページから登録をしたら、連絡があり転職相談の予約をとりました。転職相談では自分がやってみたい仕事や希望する勤務地や給料などを伝えることになります。あとは、その条件に見合う求人があれば紹介してくれるようになりました。それからは結構順調に転職活動が展開していきました。

あらかじめ伝えている条件と合う求人あるいは近い求人に絞り込まれているので、「これもなかなかいいな!」と思える求人が多かったですね。

また少しでも不明なことや不安なことがあれば、転職エージェントの人に質問できるというのも心強かったです。もしひとりで転職活動していたら疑心暗鬼になっていたことでしょう。結果的に「20代の転職相談所」にWEB登録してから3週間ほどで転職先が決まりました。しかも前職より条件がいい会社に決まったので、大変満足しています。

人によって転職の進め方は違っているかと思いますが、私のようにあまり積極的に自分で行動できない人は転職エージェントを活用することをおすすめしたいと思います。そのなかで20代の人は「20代の転職相談所」は特におすすめですね。

  (転職の体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク