転職活動に人材紹介会社に登録する2つのメリット(40代男性)

私は現在、ある大手文具メーカーで正社員として働いています。

今から数年前、転職活動をしていて現職に至ります。転職活動では主に、人材紹介会社を活用していました。

わたしなりの人材紹介会社の使い方について述べたいと思います。

そもそもどうして人材紹介会社がおすすめなのかというと、転職活動がいろんな意味で楽になるからです。人材紹介会社に登録するメリットについて2つに分けて述べてみます。

スポンサーリンク



メリット①求人を勝手に探してくれる

転職活動でまずハードルとなるのは自分の希望する求人を探さなければならない点です。

いろんな検索情報サイトやハローワークなどで仕事探しが得意な人は良いかもしれません。しかしそうでない場合、転職エージェントは非常に有効な媒体だと思います。私は調べ物をするのが苦手な性格なので、人材紹介会社のそういったサービスはありがたいと感じました、

登録するときに人材紹介会社の担当者と面談をおこないます。そこでは指定のエントリーシートに職歴やってみたい仕事を記入し、いろいろヒアリングを受けます。
そのうえで、マッチング率の高い求人があれば、その都度、紹介してくれます。そして、応募してみたい仕事があれば、担当者が面接の日取りなどを調整してくれます。

人材紹介会社では一般に募集されていない非公開求人を紹介してもらえることも多くお得感がありましたね。

スポンサーリンク



メリット②登録から仕事が決まるまでお世話してくれる

マッチしている求人のなかに応募したい会社があれば、担当者がスケジュールを組んで面接の段取りなど進めてくれます。登録者としては、空いている日などを伝えておけば、あとは担当者がどんどん話を進めてくれます。

ただ、注意点として、担当者の力量は千差万別です。幅広くいろいろな企業の特徴を把握している担当者もいれば、検索くらいしかできないような担当者もいます。ある意味運ですが、紹介してもらえる仕事がどれだけマッチしているかは担当者の力量やセンスによってかなり差があります。あと、熱心な担当者のなかには、書類作成のアドバイスや面接の秘訣など懇切丁寧に教えてくださる方もいらっしゃいます。分からないことがあれば相談相手になってくれる人がいるという点も心強かったですね

採用不採用の連絡も、人材紹介会社を通して入ってきます。転職活動に半年かけても転職先が決まらないという人も少なくない昨今、私は1か月足らずで転職先に内定しました。これも人材紹介会社のおかげだと思っています。

  (転職の体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク