寝てしまうほど楽だった!?学習塾での試験監督のアルバイト(楽なアルバイトの体験談 30代男性)


私はいくつかの派遣会社の登録をしてフリーターの時仕事をしていました。元々正社員としてあるメーカーに働いていたのですけれども、体調を崩したことで退職。その後は自分の体調を考えつつ無理なくできるような仕事をしていました。

その中で一番楽な仕事だと感じたのは、土曜日と日曜日を中心に行っていた試験監督のアルバイトです。

スポンサーリンク



その仕事場は主に学習塾でした。学習塾では定期的に模擬試験が行われます。塾講師の数だけでは足りない部分があるのでアルバイトの試験監督が補助的な役割を果たしていました。

私は主に小学生と中学生の教室の試験監督を担当していました。やる仕事内容は模擬試験が予定通り行われるようその段取りをするということです。例えば試験問題を回収したり配布したり、あるいは簡単な質問を受けたり、見回り作業など。あと試験が終わったらマークシートの部分のみ簡単な採点作業も行うこともありました。

私以外にその学習塾で試験監督のアルバイトをしていた人は専業主婦の人いやフリーターあるいは大学生でした。特に学力が問われるわけでもなく私自身三流の私立大学しか出ていないのですけれども全く問題なく勤まりました。

試験監督業務の主な仕事内容として、カンニングなどの防止というのがあります。試験中は一番後ろに置かれている椅子に座って カンニングなる不正行為が行われていないかどうかをチェックしていました。大抵は椅子に座っているのですけれども時々たって今日室内をゆっくりと巡回することも多くなっていました。試験時間が60分間とすると、その多くはこの巡回の作業で時間を費やしていました。

スポンサーリンク



私は約2年ほどこの試験監督のアルバイトをしてきましたけれどもその間、カンニングをしている生徒に出くわしたということは一度もありませんでした。またもし仮にそのような生徒がいたとしても、よほどの場合でない限り、私のようなアルバイト試験監督が注意するということは基本的にありません。

試験と試験の合間の休憩時間中にこっそり学習塾の正職員の人に言いに行くという風に決まっていました。そして学習塾の正職員が人が直接その現場を見に来て注意するということになっていたのです。ですからアルバイトの試験監督に課せられる責任というのは非常に少ないと言えるのではないでしょうか。そういった意味でもこの試験監督のアルバイトとても楽なアルバイトだと感じました。

試験監督のアルバイトは研修ももちろんあったわけですけれども、あまり人前に出たことがない私は1度目の時はさすがに緊張しました。試験が始まる前は試験の問題用紙解答用紙を配布してその後試験に関する簡単な確認事項を口頭で説明します。そして試験時間がやってくると「はじめてください」と号令をかけます。もちろん腕時計はきっちり秒単位で時間を合わせていなければなりませんし、 模擬試験とはいえ独特の緊張感が漂う空気感のもと私自身も緊張したことを覚えています。

ただ緊張したのはその時限りでした。試験時間が無事終了すると解答用紙を回収して枚数を数え控え室に提出しに行ってその科目は終了です。後はその同じ作業の繰り返しをすればいいだけど楽な仕事でした。

きっちりと時間を見て試験が始まるまで指示されたことをきっちりと行いさえすれば全く問題ない仕事だという風に感じました。そして二日目三日目という風に回数を重ねていくにしたがって、その緊張の度合いというのはどんどんなくなっていきました。やはり慣れというのがあるのだと思います。

試験監督のアルバイトを通して得たこととしては、何と言っても割と割りの良い日給だったのではないでしょうか。はっきり言って仕事内容は簡単でありますし、どちらかと言うと仕事をしているというよりも暇つぶしをしているような時間です。生徒たちがカリカリ試験を解く姿を見ているだけでお金をもらえるのですからこんな楽な仕事はないなと思ったものです。

唯一しんどかったと思うのは、あまりにも暇すぎて途中寝てしまったことが1度あったということ。その前日、寝不足だったこともあるのですが、当日、ポカポカ陽気のもと椅子に座っていると眠くて眠くて仕方がなかったことです。試験時間中についうとうとしてしまい、時計を見るとあと5分で試験時間が終わりかけていました。急いで我に返り試験時間が終了して何事もなかったかのように「試験時間終了です終わってください」と号令をかけ解答用紙回収をしました。恐らく30分ほど椅子に座って眠っていたのかもしれません。

あまりにも暇すぎて眠さに耐えねばならない。それが唯一しんどいことだったと思います。逆に言うとそれだけ楽な仕事だということがいるのではないかと思います。

そんな楽なアルバイトなものですから、なかには平日は正社員としてサラリーマンをやっていて土曜日日曜日に副業としてこの試験監督のアルバイトをしているという人もいました。そういうふうに二足の草鞋を履くことができるというのもこの試験監督バイトの良い点ではないかと思います。

試験監督のアルバイトは求人情報サイトですとか求人情報雑誌などで時々募集がなされています。とても人気の高いアルバイトなので求人を見つけたらできるだけ早く応募することをおすすめしたいと思います。

  (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク