派遣会社フルキャストの良い点3つ、良くない点3つを挙げてみます(20代男性)

私は現在20代の男性(一般企業正社員勤務)。大学生時代、派遣会社フルキャストに登録して派遣バイトをしていた時期があります。フルキャストについては良い評判とあまりよくない評判があります。実際に登録して働いていた身として感じたことがあるので、それぞれ(良い点、良くない点)について3つづつ書いてみたいと思います。

スポンサーリンク



フルキャストの良かった点

・仕事がたくさんあってありがたい

派遣会社フルキャストから紹介される仕事のほとんどは、単発または短期の単純労働です。それだけに本当に仕事の種類が多いです。空いている日時にだけ働くことができるので、特に授業やサークルとの兼ね合いのある大学生にとっては助かりましたね。基本、現場に行って指示された通りやればいいだけの簡単な仕事がほとんどなので、予習をする時間がとられるなんてことはありませんでした たまに、ものすごく割の良い案件もありますよ。

・即給システムがある

求人のなかには即給システム利用可の仕事があります。フルキャストの振り込みは基本は翌月支払いなのですが、即日で(即給可の案件については)働いた分の給料を受け取れるというものです。手数料が引かれますが、大学サークルの合宿でお金がいって金欠のときは助かりました。

・仕事内容が簡単なものばかり

フルキャストから紹介される仕事は単純作業ばかりです。指示されたとおり、ひとりで黙々とやっていればいい案件が多いので人によっては大きなメリットだと思います。私の場合、社会に出るまでにいろんな仕事を経験したいと思っていたので、広く浅くいろんな現場を体験出来たのも良かったです。なお、フルキャストは登録についても、会社に出向かなくても自宅PCでWEB登録が簡単にできます。そういった手間があまり要らないという点もありがたかったですね。

スポンサーリンク



<フルキャストの良くなかった点>

・仕事が直前でキャンセルになることがまれにある

・・予定していた仕事が直前になってキャンセルになるということがごくたまにですがあります。それはフルキャストが悪いというよりは、現場で急遽仕事の予定が変わったという事情なので仕方ないのですが、やはり良い気分はしませんでしたね。ある日はフルキャストの担当者から「人が足りないのでお願いできませんか?」と強くお願いされ、他の予定を移動させて引き受けた倉庫内作業の仕事がありました。ところが前日の夜に連絡があり「明日の仕事キャンセルになりました」と淡々と言われました。そんなことが数度ありました。

・事前に受けた説明と違うことがまれにある

・・事前に電話やメールにして、仕事内容、持ち物、集合時間・場所などの連絡を受けます。ところが、これがほんのときどきなんですが間違っているんですね・・ある日、シール貼りの仕事と聞いて気楽に現場に行ったところ、現場で待っていたのは、荷物の梱包作業で重たい荷物を延々と運ぶ羽目になりました。これは現場とフルキャストの情報のやり取りに手違いがあったことが原因だったようですが、こりゃないよ・・とさすがに思いましたね。

・連絡がとりにくいことがまれにある

・・フルキャストではいろいろな現場に出向くことになり、なかには初めて行くようなところもあります。そんな現場では右も左もわからないわけですから、フルキャストに聞かないと解決できないようなこともあるわけです(例えば、現場に指定された工場はどの通用口から入ればいいかなど)。しかし、いざ電話をしても、ずっと話中だったり、誰か出ても「担当者が不在なのでわかりません。」「担当者はいつ戻ってくるかわかりません」みたいな回答の時があって困りましたね・・。あとメールしても返信がないってこともありました。
まあそれだけフルキャストのスタッフさんたちも忙しいということなのでしょうが、緊急時にどう対応すればいいか不安になりましたね。

以上、私なりに感じた派遣会社フルキャストの良い点、良くない点です。もちろん主観にすぎません。同じ出来事があっても、人によっては捉え方が全く違っているということです。その点を了解の上参考にしていただければと思います。

 (20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク