学習塾での個別指導講師バイトは大学生におススメの理由(楽なアルバイト体験談 30代男性)


私は大学時代に個別指導メインの学習塾で講師のアルバイトをしていたことがあります。とても気楽にできる楽なアルバイトだったと感じています。

スポンサーリンク



主に小中学生を対象に指導を行っていました。塾講師の仕事というと受験知識に加えリーダーシップが求められる大変そうなイメージを持たれがち。

しかし個別指導に至ってはそんなハードな場面はありませんでした。

基本的に1対1での指導(2~3人のときもあり)。集団授業のように一方的に教えるというスタイルではなく、問題を解かせながら横からアドバイスをする作業がメインだったのでラクでした。

どちらかというと、講師というよりは、自分の弟や妹に勉強を教えているような感覚でしょうか。勉強の合間には雑談をしながら楽しく指導していたものです。

中学生くらいになるといろいろ難しい年代なだけに、集団授業はクラスによってはまとめるのが大変。しかし、個別指導の場合はそういった苦労はあまり感じられませんでした。

集団のなかにいたら突っ張っている生徒もいるにはいるのですが、いざ1対1でコミュニケーションをとったら素直に話を聞いてくれるものだったりするのです。

スポンサーリンク



私が教えていた個別指導塾では80分一コマが基本でした。それを1日2人~3人ほどこなしてチャイムが鳴ったら終わり。サインをしてすぐに帰宅の途に向かうことができました。残業など一切ありありませんでしたね。

自分のペースで取り組みやすいという点も大学生に合ったアルバイトだと思いました。基本的に毎週同じ曜日と時間に同じ生徒を教えるわけですが、そこあたりは塾側がいろいろ調整してくれますし融通が利きやすいのです

例えば1週間のうち火・水・木にアルバイトをできると申告しておけば、その曜日に勉強を教えてもらいたい生徒とマッチングしてくれるわけです。また、ふるさとへの帰省ですとか大学のテストなどでどうしても教えられない日があれば、他の講師が代行してくれる、あるいは、生徒と相談して曜日をずらすなんてことも比較的容易にできました。

そんなことは集団授業の塾講師ならなかなかできないことです。

実際のところ、個別指導の講師仲間には大学生や短大生も多かったです。サークル活動や部活動もこなしながら自分のペースでアルバイトに来ているという雰囲気の人がほとんどでしたね。

時給は大体1500円くらいでした。入社したときは1200円だったと記憶しています。ここあたり、指導年数や実績によって人によって一律なものではなく、最難関大および医学部志望の高校生を教えている人のなかには時給3000円くらいもらっていた人もいると聞いたこともあります。

受験勉強に時間を費やしてきた人は、実力次第で稼ぎの面でも期待できる仕事のひとつではないかと思います。

 (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク