インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

塾講師から観光施設スタッフに転職した私が感じたパソナキャリアの魅力(40代男性)

塾講師から観光施設スタッフに転職した私が感じたパソナキャリアの魅力(40代男性)

私はパソナキャリアという転職エージェントを活用して転職に成功しました。

もともとは地方の学習塾で講師の仕事をしていました。しかし仕事の忙しさに比して給料が安く、働きながら転職を考えるようになりました。そんななかパソコンで転職情報を探しているときにたまたま目に留まったのが転職エージェントのパソナキャリアでした。

スポンサーリンク



いろんな転職エージェントの評判など比較してみて、仕事と人材の質が高いという声も多く、これも運命かと思い、パソナキャリアに登録することにしました。

まずはパソナキャリアのHPから登録。するとパソナキャリアから電話がかかってきます。そして後日、履歴書や職歴書など持参して面談に出向くことになります。面談では前職のことや希望する業種、長所や短所など聞かれました。そして、その日に私の条件に合う求人情報を提供してもらうことができました。

あとは希望する求人があればそれを担当者に伝えます。その際、履歴書の添削、紹介状作成、(書類が通過したら)面接日のとりつけなども行ってくれました。面接では、面接担当者の性格や聞かれそうなことについてのアドバイスもいただきました。その結果、2社から内定をいただき、現在はある観光関連施設で事務職をしています。

前職と比べて仕事がラクになったのに、給料がアップ。私がイメージしていたような会社で、この転職は正解だったと満足しています。パソナキャリア様々というわけです。

パソナキャリアで何より魅力だったのは、スタッフの方々が熱心かつ親身であること。うまく表現できませんが、登録者の将来を真剣に考えてくれているというのが伝わってくるのです。

転職エージェントの中には、半ば強引に登録者に転職させて利潤をあげればいいという考えのところもあるらしいです。

一方、パソナキャリアの場合、とても丁寧で親切でした。それは、人材の幸せを第一に考えるというのが会社のモットーとされているかららしいです。私についた担当者(企業担当、求職者担当)は、そういた理念の面のみならず、さまざまな業界について精通していて助かりました。

スポンサーリンク



パソナキャリアでは企業担当、求職者担当のが登録者につき、いろいろお世話をしてもらえます。それぞれ役割は違っているわけですが、1人の登録者に対して複数のスタッフがつくというスタイルは心強かったですね。おそらくそのような体制をとることで、仕事のミスマッチを未然に防ぐという狙いがあるのだと思います。また、仮にスタッフの一部が経験が浅かったとしても他のスタッフがカバーできるというメリットもあるのでしょう。登録者のミニ応援団という感じで、非常に心強いと感じましたね。

パソナキャリアは転職エージェントのなかでも大手に分類される会社です。それだけに求人数やノウハウについても安心できるものでした。あと、パソナキャリアでは定期的に求職者を対象にした勉強会も開催しています。転職活動はどうしても孤独との戦いになりがちですが、そのように同じく転職を目指す仲間たちと机を並べるという機会も私にとっては励みになりました。

  (転職エージェントの評判 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク