いろいろ楽しい、パン屋での接客バイト体験談(大学生 20代女性)

私は現在大学3年生です。パン屋でアルバイトをしているのですが、いろいろ楽しくい楽なアルバイトだなと感じています。

スポンサーリンク



パン屋でアルバイトを始めたのは大学1年生の冬でした。アルバイトを始めたきっかけは、大学の掲示板で求人広告が貼っていたのを見たことです。

その当時、家庭教師のバイトをしていたのですが、生徒さんの受験が終わるというタイミングだったので、何か他にバイトをしなければと思っていたところだったのです。もともとパンを食べるのが好きだった私は、何気なく応募しました。

アルバイトをスタートしたときはいろいろ大変でした。

まずはたくさんあるパンの種類と値段を暗記しなければならないという苦労がありました。

一度覚えても、パンには新しい種類が追加されたり、あまり売れないパンの種類がなくなったりもするのでその都度覚える必要がありました。

あとはレジ打ちですね。今となってはごく当たり前の単純作業ですが、当初はレジのどの位置に何のボタンがあるか探すだけで苦心していました。

パソコンのキーボードを打つのを覚えるのと似たような感覚です。慣れてしまえばキーを見なくても打てるようになるのですが、最初はとにかく大変。ですからレジでもたもたしていると、お客さんから「早くしてよ!」と叱られショックを受けたこともありました。

スポンサーリンク



ただ、試行錯誤しながら1か月くらいアルバイトをつづけているうちに仕事内容も覚えてきて、あとは楽になっていきました。

地域密着型のパン屋ということもあって常連さんが多いです。それだけに少しした世間話をするのも毎回の楽しいですね。店長や他のバイト仲間たちとパンの新作について話をするのも楽しいです。

あと、売れ残ったパンを持ち帰れるのも楽しみです。パン屋の方針にもよるのでしょうが、私のアルバイト先では売れ残ったパンを自由に持って帰ることができるのです。

1人暮らしの大学生であるだけに食費の節約になって非常に助かるアルバイトだと感じています。

時給は900円。大学生のアルバイトとしては割と良い金額ではないでしょうか。好きなパンに囲まれてアルバイトをしているだけで幸せなので、とても割が良いバイトだと感じています。

  (楽なアルバイト体験談 20代女性大学生)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク