スーパー銭湯の清掃担当は楽に稼げました(20代女性)

私が楽な仕事だと思ったのはスーパー銭湯での清掃員の仕事です。

その仕事内容は開店準備では脱衣室、浴室、トイレなどの清掃、浴槽のカバーの片付け、音響機器の確認などです。

スポンサーリンク




浴槽は専門業者の方が清掃するので、しっかり行われているか確認をし気になるところがあれば上司に報告するだけです。

営業中は脱衣室やパウダールームの清掃を中心に浴場のカラン清掃

などを行っていました。

決まった時間に温泉の塩素濃度のチェックや岩盤浴エリアの温度管理やトイレ清掃などを行うわけです。

お客様対応としてはサウナ室でのロウリュサービスがありました。

サウナ室でアロマ水を蒸発させた熱波をお客様に扇ぐサービスなので少々体力が必要になります。

スーパー銭湯はオムツを着用している方や刺青・タトゥーが入っている方の入浴をお断りしているので、該当する方や家族の方に注意もします。

閉店後は脱衣室のロッカーや床を全体的に清掃し浴槽にカバーをか

けます。

アメニティなどの補充やゴミ箱を綺麗にして翌日スムーズに開店ができるように準備をします。

岩盤浴場は床を消毒し清掃したりもします。

文章で書いたらいろいろやることがあって大変そうな仕事だなと思われる方もおられるかもしれません。

そんなスーパー銭湯での仕事を私が「楽に稼げる仕事だ」と思った理由は、他の接客業に比べてお客様とコミュニケーションを取る機会が少ない点にあります。

スポンサーリンク




基本的には裸のお客様とのやり取りなので頻繁に声をかけられることもありません。

常連の方が多いので接客もフレンドリーな雰囲気でできるので楽しいです。

また、清掃倉庫と休憩室が一緒になっているので、休憩が取りやす

いです。

平日の人が少ない時間帯ではあまり脱衣室なども汚れないのでゆっくり休むことができました。

タイムカードを押して休憩するわけではないので、休憩してる時間もしっかり給料がでます。

ロウリュサービスは暑くて体力も必要ですが、熱波を自分も浴びる

のでかなりリフレッシュになりますし、ダイエット中の時には仕事

しながら汗をかいて痩せることができました。

また何よりうれしいのは、勤務終了後は温泉に無料で入れること。
閉店後も入ることができるので温泉を独り占めしてゆっくり入れるのはかなりお得感がありました。

家に帰ってからもご飯を食べてすぐに寝れるので勤務時間が遅

くても安心です。

事務系の仕事が苦手な方でも、スーパー銭湯の仕事はとりくみやすいと思います。

清掃などは自宅で行う掃除の延長なのですぐにできるようになるので覚えることも少なく簡単だからです。

土日や祝日は時給もアップするので、学生でも稼ぎやすいです。また従業員の年齢層も幅が広いので、馴染みやすかったですね。

スーパー銭湯は年に数回しか休館日がなく、営業時間も長いです。それだけに結構募集も多く、希望も聞いてくれたので短期でまとまって稼ぐことができ楽な仕事だと思いました。

   (楽な仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク