転職エージェントなど相談窓口を持つことが転職成功のカギ(30代男性)


私は大学を卒業してからいくつかの職を転々としてきました。その都度転職活動してきたわけですけれども、年齢を重ねるに従ってなかなか採用になりにくいと感じてきました。

スポンサーリンク



20代の若い頃は少々知識や経験がなくても、元気があって若々しいからという理由で採用になりやすかったのだと思います。しかし30代になってからというものは、面接でも前職でどのようなスキルを磨いてきたのかということが問われるようになりました。

逆の立場になって考えてみればいいわけですけれども、三十代四十代となってくるとどうしても即戦力としての期待がかかるわけです。つまり面接で回答する内容も具体的にどのような実績を上げてきたのか、どのようなスキルを持ち合わせているのかということが採用されるためには重要な項目になってくるわけです。

それなりに知識や経験を積んできた人ならばそれでもすんなりと採用されるかもしれません。ただ、私のように色々な職を転々としてきて、それぞれの職業に対して深く何かを磨いてこなかった人間からすると、非常に難しいという状況が目の当たりにされました。

具体的には履歴書を送っても不採用通知として戻ってくることが多くなりました。また面接を受けに行っても私よりも若い年齢の人が面接官であったりして、やはり世代は変わっていくものだなという風に切なく感じたものです。

そんな私が転職活動で使用するようになったとは転職エージェントです。それはたまたま私のように転職活動していた大学の友人が転職エージェントはいいよという感じですすめてくれたのがきっかけです。

スポンサーリンク



転職エージェントとは簡単に言えば、自分とマッチするような求人があれば紹介してくれるような企業です。派遣会社と スタイルは似ていると言えば似てるのですけれども、派遣社員になっても派遣先の正社員になれないのに対して、転職エージェントの登録者は転職先で採用されたらその企業の正社員として働けるというわけなのです。

転職エージェントは登録者が一定の期間その採用された企業で働いた場合報酬をその企業から支払われるという風な仕組みでビジネスが成り立っているわけなのです。ですから転職エージェントのスタッフたちは、登録者たちが転職を最短でできるように色々支援してくれますし、また一定期間勤めてくれるようにマッチング率の高い求人を紹介してくれるというわけです。

とっても転職エージェントにもピンからキリあってスタッフのレベルも良し悪しがあるみたいです。ですから人によってはマッチング率があまり高くない求人を紹介されたり、あるいは登録しただけでずっと放置したままという風なケースもあるらしいです。

ただ私の場合、たまたま運が良かったのかもしれませんが登録した転職エージェントの担当者がとてもやる気のある人で、本当に親身になって転職活動を支援してくれました。具体的には履歴書職歴書の添削から始まり、面接の練習までしてくれました。また私のやりたい仕事で希望する給料や雇用条件とマッチしている求人が発生したら、知らせてくれました。

そのおかげもあって転職エージェントに登録してからはどんどん視界が開けてきて自分のやりたい仕事も見つかってきました。ちなみに私がやりたいと思った仕事は it 関連の仕事です。

それは私自身自分でブログを作成していたり、アプリを作っていたりしたことがあったのです。その点を転職エージェントの担当者は広げてくれて、 it 関連の仕事はどうかと勧めてくれました。 it 関連の企業は給料も色々な業界の中でも高めに設定されていますし、職を転々としてきたものであっても実力さえあれば不利にならないような業界であったりもします。

そんなことから私は it 関連の企業に転職エージェントを通して応募しました。2度の面接の末私は無事に採用されました。そこでも担当者による面接の練習などが非常に役に立ったという風に感じています。

it 関連企業に 関連企業に就職してからもう早くも2年の歳月が経ちます。今のところ順調で、自分がやりたかったような仕事も任されるようになってきました。毎日パソコンと向き合う日々で、会議もその合間にあったりします。それなりに忙しい時期もあったりするのですけれども、元々パソコンをいじるのが好きでしたので大きなストレスを感じることもありません。また自分が開発に携わったソフトアプリが世に出た時はとても嬉しく感じるものです。 また給料が高いため、今まで諦めて行ったマイホームの目標もまた生まれました。

it 関連企業に転職できて本当に良かったと今思っています。 転職活動を通してえたこととしては、今までの人生を客観的な立場で振り返って今後について冷静に考えることができるようになったという点です。

それは履歴書を何通も書いてきたということにもありますし、面接で色々な質問を受けるたびに回答しながら自分自身について振り返ることができたという点もあります。マイナスだったと思う点については、不採用通知をもらった時に必要以上に落ち込んでしまうことがあったということです。

不採用通知をもらうたびに自分自身の人生はなんだったんだろうという風に落ち込んでしまい2、3日も布団から出てこれないなんてこともありました。

やっぱりたくさんの不採用通知をもらったとしてもなれるものではありませんね。人によっては気にしないという人もいるかもしれませんが、私は気になってしまいました。 なんとなく自分の人格や積み上げてきた歴史までもが否定されたように感じてしまったんです。

しかしそこあたりも転職エージェントの担当者の話を聞いて心が紛れることがしばしばありました。というのは転職も就職もそうなのですけれども、初めから採用担当者は、このような人材を雇いたいというイメージを持っているというのです。特に中途採用者の場合その傾向が顕著で、例えば30代の女性が辞めたポジションには30代ぐらいの女性を採用したいという風な考えを持っている人が多いとのことでした。

後は交通費の兼ね合いからあまり遠くに住んでる人は採用が不利になってしまったり、、。・あるいは社外の平均年齢からしてあまり年齢が高い人は社内の雰囲気を変えてしまうという点から遠慮してしまうということもあるみたいです。

つまり不採用になったからといってその人に実力がなかっただとか魅力がないだとかそういう話では決してないということなのです。しかしそう言ったことは一人で転職活動して悩みこんでいる間は気づきませんでした。

そういった話を転職エージェントの担当者から聞いて初めて前向きな気持ちで転職活動を進めることができたように思います。転職活動を進める上で、色々な人の話を聞いてみるというのは重要なことだと改めて思いました。

とりわけ転職エージェントの担当者であったりハローワークの職員だったり就職転職のプロの意見を聞くのは非常にためになることが多いと感じました。

そういった人々は就職転職業界の裏側を知っていますし、どのような怪盗を面接ですればいいか、どのような履歴書職歴が目に留まりやすいかを把握してることが多いからです。

一人で色々と考える時間を持ちつつも、迷ってしまったりネガティブな気持ちになってしまった時は相談できる相手を持つ。それが転職活動を成功させるための大きな鍵ではないかなと私は思いました。皆様の転職活動もうまくいくことを願っております。

(転職の体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク