ガソリンスタンドスタッフからエンジニアへの転職を経て思ったこと(転職の成功体験談 40代男性)


私は40代の男性です。前職はガソリンスタンドで働いていたのですが、いろんな面で散々でした。

まず、求人票に書いてある給与条件ですが、基本給と残業を合わせると約20万円ほどになるはずですが、残業はどんなにやっても一律3万円プラスで終わりでした。

次に社会保障ですが、健康保険と年金も会社負担ということで、手元に入る金額もまずまずだと思っていました。しかし社会保障が無いと言うことを入社してから聞かされ愕然としました。

結局は泣き寝入りと言う形で、毎月国民年金と健康保険は自己負担で給与から自分で支払う形になってしまいました。

スポンサーリンク


ひと月欠勤することなく働いたとしても手元に残るのは15万円程度・・その金額の給料では自分一人がやっと生活できる程度でしかありません。

当時結婚を考えていた彼女ともこのことでケンカになり、結局は生活能力が無いと言われ別れることになってしまいました。

勤務時間についても朝は7時から夜は6時程度で上がれるはずが、次の交代のメンバーが来れなくなった場合は引き続き10時まで残業と言う超過勤務に・・。

そんなときも次の日も朝から働かなければならないため 疲れが取れず、つらかったです。

自分の時間などは無いに等しい状況でした。休みに関しても一応は週に1日という形でしたが、ことらも休みの日に他のメンバーが休んで急きょ呼び出されることもしばしば。

ゆっくりと休日を楽しむなんてことはほとんどできませんでした。

会社にはこのような場合には代休を取らせるか、残業を増やしてほしいとお願いしたこともあります。

しかし上司曰く、残業代は支払っているし、休みは休んだメンバーと交換すればいいんじゃないか?の一点張り。

全く聞き入れてもらえませんでした。

そんな状況が1年半ほどつづき、ついに限界がきました。そして私は思い切ってその会社を辞めました。

スポンサーリンク


転職活動をしばらくすることになりました。転職先の仕事はもうすこし労働条件のいいところにしたいと思い、慎重に求人を探してみました。

その結果、自分が求める条件に合った企業がいくつか見つかり、運よくそのひとつに採用されました

転職先に決まったのはエンジニアの仕事でした。前職とは畑違いの仕事ですが、未経験者でも入社可能ということで採用していただきました。

ちなみに労働条件は雲泥の差でした。当時は過労死が大きな社会問題として取り上げられている時期ということもあってか、休日はしっかり取らせることはもちろんの事、給与に関しても残業は残額支給というスタイルでした。

過労にならないようにと残業も規制されるわけです。社会保障も全て加入してあり年収に換算すると何と約2倍になりました。

ガソリンスタンドで働いていた時には忙しい冬の時期には、疲労し体を痛めながら働いても報われないと感じていたものです。そのときの辛さを考えると、転職して良かったとしみじみと思えます。今では収入も安定しやっと落ち着いた生活が出来ています。

  (転職の成功体験談 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク