転職エージェント活用のススメ。登録からの簡単な流れについて(30代男性)

私は現在40代の男性である大手金融機関で働いています。数年前に転職活動をして現職に巡り合いました。前職よりも勤務条件が良くなり、給料もアップしたことで転職したことに満足しています。

スポンサーリンク



前職ではある製造メーカーで企画などを担当していました。ただ、人間関係でいざこざがあったのと、ものづくり産業の今後の見通しが暗かったことなどから転職を決意しました。

転職活動する際に主に活用したのが転職エージェントです。転職エージェントは登録すると担当者がついて求人探しから面接の日程調整まで色々お世話をしてくれます。

そこで、転職エージェントを活用する流れについて今回は簡単に説明したいと思います。

転職エージェントには、例えばDODAエージェントサービス、 パソナキャリア、マイナビエージェント、リクルートエージェント、JACリクルートメントほかいろいろあります。

それぞれ求人を紹介してくれるという点ではシステムは同じなのですが、特徴が違っているのです。例えばJACリクルートメントの場合、英語を使う人材紹介に強い、DODAエージェントサービスの場合、求人数がとにかく多いなど。

ですから転職したい職種の求人を多く握っている転職エージェントをまず絞り込み、登録することから始めたらいいのではないかと思います。もちろん一社のみならず、2社、3社と登録してもいいと思います。登録料も利用料も無料でありますから。むしろ そちらの方が客観的な視点から紹介される求人を判断することができるので良いのではないかと思います。

では以下、転職エージェントを活用した転職の、簡単な流れを説明したいと思います。

①<登録後、転職エージェントから連絡>

まずは転職エージェントに Web で登録することからはじまります。すると数日内に電話あるいはメールで連絡が来ます。大体は電話が多いですね。

電話では希望する仕事や現在の状況について簡単にヒアリングが行われます。その上で転職エージェントのオフィスが近ければカウンセリングに行くという感じで日時を決めることになろうと思います。なお遠方の人の場合、電話でカウンセリングまで済ませるというケースもあります。

②<カウンセリングを受ける>

転職エージェントとのオフィスにてキャリアカウンセリングを受けます。このキャリアカウンセリングの目的は、登録者のスキルや希望する条件を転職エージェント側が把握するということになります。

指定された用紙に職歴やってみたい仕事、所有している資格などを記入し担当者と面談を行います。面談では希望する勤務地、給料など、記入した用紙に沿ってより詳しくヒアリングが行われます。

そこで現状をしっかり担当者に伝えることが大切です。なぜならそれをもとに担当者はマッチングする求人情報を探してくれるからです

スポンサーリンク



③<マッチングする求人を紹介してもらう>

カウンセリングが終わったら、早ければその日中にもマッチングする求人を紹介してもらいます。転職エージェントで紹介してもらえる求人の多くはネット上では後悔されていないような非公開求人が多いと言われています。それだけでもお得感があります。

もしその中に応募してみたいと思う企業が見つかれば応募したいことを担当者に伝えます。すると求人元と連絡を取ってくれて、面接の日取りなどの調整を行ってくれます。なお職歴書や履歴書といった書類についても転職エージェントの担当者が添削をしてくれるというケースもあります。

仕上がった選考書類に転職エージェントによる推薦文を添えて企業に送られるということになります。書類が通過した場合、次は面接ということになるので、面接に関するアドバイスをしてくれる担当者もいます。

私の場合、転職の面接特有の癖のある質問内容など、担当者からいろいろ聞けて参考になりました。

④<求人元の企業に面接に行く>

晴れて書類が通過したら次は面接ということなります。転職エージェントによっては、転職エージェントのスタッフが面接にも同行してくれるということもあります。

面接を受け、結果については転職エージェントに連絡が入ります。もし採用になっていた場合、転職エージェント側で、入社日の調整なども行なってくれます。また不採用になった場合、どういう点が足りなかったかなどフィードバックをしてくれる担当者もいます。

以上のような流れで登録者は転職エージェントをベースにして転職活動進めていくということになります。

なおここまで致せり尽くせりの転職エージェント側にメリットがあるのかというと、あります。それは、登録者が無事転職が決まり一定期間勤務したら、企業側から転職エージェント側に報酬が支払われるという仕組みになっているのです。だから登録も使用料も無料ということなのです。

そういった点を踏まえでも転職活動を進める上で転職エージェントを活用しない手はないと思います。

また、転職活動というのはどうしても孤独との戦いになることが多いですが、転職エージェントに登録しておけばわからないことがあればすぐに担当者に質問できるのも大きなメリットです。私も転職活動中、何度励まされたかわかりません。転職エージェントは何かと心強い存在でした。

(転職の体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク