インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私が引越しバイトは二度とやりたくないと思った理由(短期バイトの体験談 20代男性)

私が引越しバイトは二度とやりたくないと思った理由(短期バイトの体験談 20代男性)
今から数年前になりますが、大学生のときに引越しバイトを経験したことがあります。

スポンサーリンク



1日のみの激短バイトで、アルバイト求人雑誌を見て求人情報を知りました。日給12000円という高さに惹かれて応募。特に研修などはなく、当日集合場所に行ってトラックで現場に向かうという感じでした。しかし、割の合うバイトだったのかというと・・(涙)

引越しバイトの仕事はシンプルです。家具や家電製品を運び出してトラックに積み、引越し先に到着したらトラックから降ろして部屋の中に入れる。とにかく荷物を運ぶことの繰り返しです。

決められた時間のなかで効率よく荷物を運ぶ必要があります。そこでは体力と繊細さが必要でした。

単身者の引っ越しは荷物は少なめですが、家族の引っ越しだったので、とにかく荷物が多かったです。冷蔵庫、テレビ、食器棚、ソファ、ベッド、机、洗濯機・・しかもエレベーターがついていない集合住宅の5階でしたので、ひとつ荷物を運ぶにも一苦労。1階と5階を往復しなければなりませんから。何も持たずに往復するだけでもそれを繰り返していたらしんどいだろうに、重たい荷物を持っての往復だったので、かなり骨が折れました。

スポンサーリンク



一方、引越しバイトには繊細さも必要です。荷物を落として壊してしまうなどなれば弁償につながりますから。ですからいろいろ気を使いましたべ。

引越しバイトは2人~数人のチームで作業を行い、そこでは他のメンバーとコミュニケーションをはかりながらチームワークが求められます。そこあたり、チームの雰囲気によっても仕事のしんどさはかなり変わってくるかと思います。私の場合、運が悪かったのか当日の引越しバイトの社員さんがかなりきつい人で・・泣きそうになりました。

「コラ!何サボっとんじゃ!しばくぞ!」

「なめとんか。いてこましたろか!」

みたいに終始怒鳴られました。もちろん全力で作業をしているわけですが、普段重たいものを持つことがない私にとって、過酷すぎる仕事でした。

何とかその1日を乗り切ったのですが、翌日は全身筋肉痛とひどい腰痛になって立てなくなりました、エレベーターのない物件で、しかもキツイ社員さん・・それがトラウマになり、もう二度と引越しバイトはしたくないと思いました。

ただ、引越しバイトは時給換算で1200円ほどと他のバイトと比べると高いです。また、人によってはお金をもらって筋トレもできてありがたいと話してた人もいました。ですから上下関係が気にならず、体力に自信のある人なら効率よく稼げるなかなか良いバイトなのだと思います。

  (短期バイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク