給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

ショッピングモールでの通行量カウント調査

私は数年間ニートをしていたのですが、そんな生活の中でもアルバイトをする必要性がでてきました。

といっても人間関係が苦手だしスキルも学歴もないため、どうしようかなと悩んでいました。
そんなとき、たまたま登録している派遣会社から電話がかかってきて紹介されたのが、ショッピングモールでの通行量カウント調査バイトでした。

人数を数えればいいだけということでニートの私にもできるかも?と思い不安に思いながらも引き受けました。

アルバイトは2日間の短期でした。駅前に集合してそこからぞろぞろ通行量カウント調査が行われるショッピングモールに移動しました。

まずは会議室のような部屋で仕事内容の説明があったのですが、簡単でした。通行人の数を、カウンターをつかって男女別 年齢層別に分けながら数えていくというものでした。

年齢層については調査員の目視で大体これくらいかな?と思ったのでいいとのこと。たとえば、目の前を通過した人が30代女性かな?と思ったら「30代女性」というシールがはったボタンをカウンターでカチッと押すのです。

これならニートの私にでもできそうと思いました。また、集合場所ではまとまって移動するものの、調査地点では作業は1人で行うため人間関係を気にすることもありませんでした。

また、このショッピングモールでの通行量カウント調査バイトが何より楽なバイトだなと思ったのは、椅子に座ってできたこと。

椅子に座って目の前を通過する人の数をカチカチ数えるだけですから、スキルや知識、ましてや学歴など必要ありません。

休憩時間も小まめに設定されていましたし、ショッピングモールだけに昼ご飯を食べる場所にも事欠きませんでした。

時給は800円ほどとそこそこだったのですが、楽なバイト内容だたので、十分満足でした。また何より、ニートの私にでも稼げたという自信がわいてきたので良い2日間になりました。

(楽なバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク